マドレーヌのお話し。

誰もが知ってるフランスの伝統的なお菓子、マドレーヌ。ふっくらしてて、バターが贅沢に使われてて、とっても優しい味のこのお菓子には、数多くのエピソードがあります。その内の一つを紹介しましね。

18世紀中頃、フランスのコメルシーという町で、元ポーランド王のスタニスラス・レクチンスキーが野外パーティーを開催した際に、菓子担当の職人が料理長と喧嘩して帰ってしまったそうです。困った料理長は手伝いに来ていた娘に菓子を作らせたところ、あり合わせの材料と厨房にあった帆立の貝殻を使って、祖母から教わった菓子を作ったというのが発祥だとか。そしてそのしっとりとした黄金色のお菓子は大好評で、彼女の名前、マドレーヌと名付けられたそうです。
レクチンスキーはこのお菓子をとても気に入り、ルイ15世に嫁いでいた愛娘に送った為、ベルサイユやパリでも評判になったそうです。
一説では、人質同然に嫁いだ娘に美味しいお菓子(レシピ)を託せば寂しい思いをしないのではないかという親心だったとか。親子代々受け継がれるお菓子なんですね^_^
私も娘に教えましたよ~(≧∀≦)
?Gg[???ubN}[N??